野田里美さんの銀花茶入です。
花びらのレリーフが華やかで美しい作品です。
銀彩が施されて洗練された印象です。

サイズ:直径7.4cm,高さ7.1cm


銀彩が施された器は『育つ』器です。
使っていくうちに経年変化があります。
少しずつ変わっていく様を『景色』と呼び、それを愛でます。
使う人と共に過ごす『時間』を愛でるのです。

美しく育つには少し手間がかかります。
その手間を豊かな時間と捉えて、丁寧に暮らす。

その器が丁寧に暮らす そのひとつになれたら幸いです。

と野田さん。