23-A 小関康子作 豆蓋物(面取灰釉)

9,900円(内税)

在庫状況 在庫数

小関康子さんは国立大学で建築を学び、大学卒業後、設計事務所勤務の後、
愛知県窯業高等技術専門校に入校、陶芸の道に進まれました。

無地の静かなものを作りたいと思い、灰釉に取り組んでいます。
還元焼成で暗青みがかった灰白い発色でツルッとしています。

小関康子作 面取灰釉
サイズ:直径6.4cm,高5.8cm