若杉聖子さんは、植物の造形からインスピレーションと、移りゆく陽と月の光、風や水の揺らぎなど、日々の感動を作品に映し込もうとされています。
石膏型による柔らかな陶土を流し込む鋳込み技法により製作されています。スケッチは一切書かれず、原型を石膏の塊から一気に削り出されるそうです。
滑らかな陶肌の極々薄く黄み掛かった白磁の作品は凛としていて可憐な若杉さんのイメージそのもののです。

花弁の形に縁取られた小皿です。
少しお菓子をのせるのにいい大きさです。

サイズ:直径10cm,高さ2.3cm