こちらは多田佳豫さんの抹茶碗「鸞」です。

「この茶碗を窯から出した時、思わず身震いしてしまいました。

『鳳凰がいる!』

金色の鳳凰から炎のような羽が広がり、ちょうど目のところがへこんで、嘴を見える。
釉薬は普通は上から下に流れるものですが、こちらは炎のように天に向かった昇っている。

窯の神様が味方してくれた
「奇跡の茶碗」

鳳凰の中でもブルーの羽先の色合いから瑞鳥「鸞(らん)」と名付けました。

手に取るとバイブレーションが伝わってきます。



多田佳豫作 抹茶碗「鸞」
サイズ:直径11.9cm,高さ6.9cm
共箱付き