小関康子作 グリーン象嵌高台碗(白・三角文様)

15,400円(内税)

小関康子さんは国立大学で建築を学び、大学卒業後、設計事務所勤務の後、
愛知県窯業高等技術専門校に入校、陶芸の道に進まれました。

こちらの器は『グリーン象嵌高台碗』と名付けられた抹茶碗で
無数に刻みこんだ細い線に粘土を嵌めこみ、嵌めこんだ粘土が窯の中で化学反応を起こし、この緑色が出ているそうです。
高台が高く、広がった口縁からなるフォルムは軽やかでモダンな印象。

こちらは白磁にグリーンが優しく洗練された雰囲気です。
引かれた黄土色のラインがきいています。

小関康子作 グリーン象嵌高台碗・(白・三角文様)
サイズ:直径13.7cm,高さ8.4cm