インドネシアに住むようになってジャワ更紗の美しさに魅了され、何としてもこの美しい布を作り続けて欲しいという思いからReisiaをスタートさせた藤井さん。

藤井さんの想いとジャワの職人さんが心込めて作った更紗が数寄屋袋となりました。
白いところは色が染まらないようにチャンティンという道具で蝋が置かれ描かれています。
Reisiaさんのラインはとても細く繊細なデザイン。
腕のいい職人さんの極細のチャンティンでの仕事にから生まれてきます。

数寄屋袋『ジャワ幻花』はシャリ感のあるシルクのベージュの地色、グレイッシュトーンの赤で描かれた花。
落ち着いた色ながらモダンさも感じるお品物です。

「展示会で「このお花は何の花ですか?」と訊かれることが多い柄です。
 100年以上前につくられた更紗のモチィーフから帯に向くようにアレンジしました。
  ジャワに咲く幻の花・・・というイメージです。」
と藤井さんのメッセージです。



手描きジャワ更紗 Reisia 数寄屋袋 『ジャワ幻花』
サイズ:22.5cm, 13.8cm 22,000円(税込)




IZUMO[utsuwa]のブログでの紹介ページ。