小関康子さんは国立大学で建築を学び、大学卒業後、設計事務所勤務の後、
愛知県窯業高等技術専門校に入校、陶芸の道に進まれました。

DM撮影で使わせていただいたこちらの器は『ピンク象嵌高台碗』と名付けられた抹茶碗で、
無数に刻みこんだ細い線に粘土を嵌めこみ、嵌めこんだ粘土が窯の中で化学反応を起こし、このピンク色が出ているそうです。
とても緻密な作業から美しい色が生まれてくるのですね。
底の方の緑がアクセントになっています。

小関康子作 『ピンク象嵌高台碗・A』 

IZUMO[utsuwa]のブログでの紹介ページ☆
https://ameblo.jp/izumo-utsuwa/entry-12624391064.html