『多田佳豫さん』はパリ国立美術学校を卒業後、パリを拠点に現代美術作家として、
作品はギャラリー、アートセンター、美術館、デパート、クリスティーズなどに展示されるなど、活躍されていました。
東日本大震災を機に大切な人の側にいたいと日本に戻られ、日常の器を作る作家として活動されています。
多田さんの器は釉薬にこだわり、美しい花々や風景の思い出が蘇ってきて優しい気持ちになる器です。

こちらの抹茶碗は『茶盌『老松』」という名前の作品。

外側の釉の線状の流れが、尖った松葉のようで、高台部分に金彩を施して、老木の幹の感じを
表現しました。

長寿を言祝ぐ茶盌です。

というメッセージをいただいています。


多田佳豫作 茶盌『老松』
直径13.6cm,高さ7.4cm  22,000円 (共箱付き)